Dance Genre of SG STREET DANCE SCHOOL

HOME > Dance Genre

HIP HOP

HIP HOP

明確なダンススタイルはないと思われているが、ヒップホップ文化のブレイクダンスしかあてはまるものはない。ブレイクダンスの名称はラップする時に踊るダンスが最初のスタイルで、子供達がブレイキングやエレクトリックブギに進化させたと多くのニューヨークの黒人達が言う。そのラッパーダンスとブレイクダンスは他の男女で踊るソウルダンスと融合してニュージャックのダンスに進化した。これがヒップホップダンスと言えるが、それを知らない後の若者がニュースクールなどの名称で違うもののようにしているが、すべてはブレイクダンスとソウルダンスを指している。
ヒップホップは自分のスタイルを見せることが目的であるが、相手や誰よりも格好が良くなくては意味がない。ブレイクダンスでわかるようにダンスの技ができれば良いのではなく、踊りこなして自分のスタイルにできるかが問題となる。

ストリートダンスの代表的なスタイルで重低音をUP & DOWNのリズムで体を動かします。「ヒップホップ」と呼ばれる ダンススタイルが多種多様にある為、一概に「これがヒップホップだ!」と言うのはとても困難であり、 もともとソウルダンスから発展したステップやレゲエのステップ、ポップやウェーブの要素を併せ持っています。
HIPHOPの種類では「MIDDLE SCHOOL HIPHOP」(EXILEのダンス)、個性的な感性を表現する「LA STYLE HIPHOP」(海外のPV)、 JAZZの要素なども取り入れた「HIPHOP JAZZ」、女性の特性を生かした「GIRL'S HIPHOP」など、HIPHOPの なかで様々なジャンル分けがされています。

GIRL'S STYLE

ガールズヒップホップはどんなスタイルなのかというと
ひとことで言うと『女性らしさ』の要素が大きいダンスです。
女性らしいセクシーな動き、キュートな動きがたくさんあるのです。
胸や腰を使う動きが多いのが特徴です。

浜崎あゆみや安室奈美恵、倖田來未、AKB48、BOA、KARA、少女時代、2NE1などの
今をときめく有名アーティストたちが踊るダンスです。
ストリートダンスの中でも、特に女の子に人気のあるダンスです。

STYLE HIP HOP

HIPHOPやR&Bの曲を使い歌詞や音を独自の感性・イメージ、日常生活の経験を基に作られた振り付けで踊る NEW SCHOOL HIPHOPダンスがART(芸術)と呼ばれ始めてきたのも最近で、エンターテイメント界において幅広く浸透 しています。身近なものでは海外のPVや映画で見られる多くはSTYLE HIPHOPと呼ばれているダンスです。

SWAG STYLE

その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信、といった意味があります。
元々はスカンジナビア、ノルウェーの言葉で、大きく揺れる、の意味だが、現代では語源であるswagger(非常に自信があり、横暴だったりアグレッシブだったりといった態度をとること)に関連して、「自分自身を持っていること、自分のスタイルを持っていること、自信があること」を表す。服装もこうした要素に含まれる。

JAZZ

JAZZ

20世紀初頭にアメリカで誕生した。
名前の由来は当初アフリカ系アメリカ人がジャズミュージックに合わせて踊っていたことからこの名前が付いた。
バックダンサーやミュージカルで多く見られ、武富士のCMで有名になった武富士ダンサーズや映画「フラッシュダンス」などが有名である。
最近はストリートダンスシーンでも見られるようになった。

ジャズダンスは形にとらわれず、自由に全てを表現することができます。言いかえれば、ジャズダンスを習うとしても、それぞれの教室や流派、先生で、踊りは全く異なってしまいます。しかし、ジャズダンスは自分の個性や人間性を自由にダンスで表現できるので、最初は大変で奥が深いけど、面白いダンスですよ。

STREET JAZZ

ストリートジャズとは、従来のジャズダンスに、ストリートダンスの要素を取り入れたダンスのことです。R&BやHIPHOPなどに合わせて踊ります。最近ではHIPHOPをふんだんに取り入れたものが多く出ています。リズムも従来のジャズダンスとはかなり違っています。ジャズヒップホップ、スタイルヒップホップ、ヒップホップジャズなどさまざまな呼び名があります。
クラブジャズとは、ヒップホップ(アフリカンアメリカ人の音楽、ライフスタイル、着こなし方、物の言い方)やハウス(シカゴのウエアハウスというクラブから生まれた音楽)のビートに、ジャズの要素を加えたものを言います。

HOUSE

HOUSE

ハウスは、ディスコダンスの一つ。ハウス・ミュージックとともに生まれた。1970年代にアメリカのシカゴで発祥。1980年代から主に東海岸のニューヨークで育まれる。ストリートダンスのニュー・スクールに分類。
特徴は、流れるような素早い足裁きとグルーヴ(上下に揺れる音のとり方)にある。

SOUL&PUNKING/WAACKING

SOUL&PUNKING/WACCKING

70年代半ばの音楽に合わせ、主に腕を鞭のように振り回したり、胸の前後のしなりやツイスト、腕を巻きつけるような動きが特徴的。多くのゲイダンサー達はクラシックバレエやジャズダンスをやっていたため、ターンもよく繰り出される。Tyrone Proctorというダンサーによってつくられたと言われている。

LOCKING

LOCKING

ロック (Lock) は1970年代に誕生したストリートダンスで、名前のロック (Lock) とは錠を意味し、激しい動きから突然静止しポーズを取る(ロックする)スタイルが特徴である。
ロッキング(Locking)、ロッキン(Lockin')も同じ意味で、 ロック(ダンス)全体を示すことが多い。

ロックダンスを考案したのはアメリカ人のDon Campbell(ドン・キャンベル)である。Campbellock(キャンベルロック)とも呼ばれる。1969年、L.A.で、彼は当時流行していたダンス(Funky Chicken)を滑らかに行う事ができず、その代わりにロック(静止する)スタイルを生み出した。
また、ロックダンスの代表的な動きには観客に向かって指をさす(ポイント)があるが、これは彼が観客から笑われたため、指をさしたのが始まりである。このように、ロックダンスには何気ない動きを取り入れた物が多く存在する。
1970年代に入ってから、彼はThe Lockers(ザ・ロッカーズ)というダンスチームを結成する。The Lockersは「Saturday Night Live(サタデー・ナイト・ライブ)」に出演し、1972年にはTV番組「Soul Train」に起用され、一躍有名になった。

BREAKING

BREAKING

ブレイクダンスは1970年代にニューヨークのサウスブロンクス地区のアフリカ系アメリカ人やラテンアメリカ人の若者達によって発展したストリートダンスのスタイルである。また、アフリカ・バンバータの提案でギャングが抗争をまとめる為に銃撃戦の代わりブレイクダンスのバトルを用い、発展に繋がったと言われている。
後に、ニューヨークのロックステディークルー(Rock Steady Crew)などのクルー同士による大規模な抗争がメディアの関心を受け、これがダンスチームの急速な成長へと繋がった。ディスコクラブやテレビ番組、公のイベントなどにもブレイクダンサーは進出していった。過剰な人気は1980年代前半には色褪せ、一時下火となったが、アフリカの民族舞踊や、ガンビア共和国、マリ共和国などの舞踊、ブラジルの格闘技であるカポエイラの動きなどが取り入れられ進化していくうち、後半になると盛り返した。現在ではBattle of the YearやUK B-Boy Championships、Freestyle Session等の世界大会も行われるようになっている。

DISCO&PARTY STEP

DISCO&PARTY STEP

ディスコダンスは、1970年代以降ポピュラーになったディスコ(2000年代に入る直前からはクラブと名称が変化した)と呼ばれる、ダンスを楽しむための娯楽施設で音楽に合わせて踊るダンスのこと。ジョン・トラボルタ主演の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年)の大ヒットにより、全世界に広まった。
1973年のジェームス・ブラウン初来日をきっかけにはじまった第二次ディスコブームの頃、盛んに踊られた。ダンス・フロアにいる全員がおなじ振りを踊るのが特徴。
狭義のディスコダンスとは1970年代のディスコで踊られたダンスを指し、ヒップホップ勃興以後広まったストリートダンスとは区別される。

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO